拝礼中

葬儀の内容

お墓

たいせつな方をなくした場合、悲しみに浸る余裕もなく、お通夜・お葬式の準備に追われます。
亡くなられると間もなく葬儀社へ連絡をし、遺体を安置できる自宅もしくは葬斎場などへと移動します。
この移送する段階から葬儀社にお願いすることになります。
自宅に戻ると、担当者との打合せを行います。
この打ち合わせには、ご家族だけでなく御親戚の方々が同席を希望される場合もありますので、御親戚への連絡は病院を出る前に早めに済ませておく方がよいでしょう。
また、菩提寺にも連絡が必要です。
葬儀の打ち合わせでは様々なことを決定します。
棺や祭壇にもランクがあり、選んだ商品によって費用が異なります。
香典返しや精進料理の選定も必要です。
この打ち合わせでお通夜・お葬式のすべてが決まりますので、後日高額請求を受けないためにも、費用面まできっちり把握することが大切です。

葬儀の打ち合わせをきちんとしておかないと、後から予算を上回る請求を受けることがあります。
故人をこころよくお見送りするために、そうした手違いは避けたいものです。
とはいえ、大切な方の不幸にはだれしもが気が動転しがちです。
そこで、便利なのが事前相談です。
葬儀社の多くが、亡くなられる前から相談を受け付けています。
予算面や家族葬などの葬式プランの紹介をはじめ、お葬式にかかわる様々な準備に関する相談をすることができます。
あらかじめ何らかの知識があれば、いざという時でもスムーズに対応することが可能です。
また、病状が思わしくないことを説明し、事前相談を利用して、あらかじめ葬儀内容をある程度決めておくこともできます。
名前や連絡先を伝えておくと、亡くなられた後の先方とのやり取りも簡略化されます。