拝礼中

選ぶポイント

女性

冠婚葬祭の中でも葬儀だけは厳かな雰囲気の中で行われます。
地方では故人を送るために賑やかに送る風習もあるようです。
葬儀の形式は宗教によって大きく異なります。
日本では仏式で執り行われる場合が一番多いのですが、最近はキリスト教式も比較的多くなっています。
ごく一部ですが、神式で執り行われるケースもあります。
傾向としては盛大に執り行われるケースが激減しており、家族葬の方が主流になっています。
家族と親族に加えてごく親しい人たちでしめやかに送ることを遺言にしている時もあります。
直接斎場に行って火葬をする直葬についても新しい傾向となっています。
こうしたケースでは故人は自分の骨を自分の思い出の場所に散骨してもらうことを望むことが多いです。

日本は高齢化社会になっていますので、葬儀の専門業者の将来は明るいかといえばそうとも言えないのが現状のようです。
葬儀の簡素化が顕著になっているからです。
専門業者の方も多様なニーズに応えるために様々なメニューを用意するようになりました。
最近多くなった散骨でもサービスとして船やヘリコプターからの散骨を提案しています。
従来からの葬儀においても最近はIT技術を取り込んで告別式で故人の経歴を紹介したりするようになりました。
生い立ちから生前の人柄までスクリーンに映し出された画面にそって司会者が説明を行うことによって参列者に改めて故人を偲ぶ気持ちを高めることが出来ます。
本人にとっては最後の晴れ姿を見える形にすることが出来るようになりました。